DSC_0328
1.こいびとの昔語りの夕暮れの
2.monochrome
3.5月の魔法
___________________________________________

W「ようこそオーバードホールへお越し下さいました!」
K「今日はKalafinaの音楽を通して皆さんと~」
H「・・・・・・・・言うことを考えていたんですが、あまりの感動で飛んでしまいましたw」
___________________________________________

4.空色の椅子
5.lapis
6.輝く空の静寂には
___________________________________________

W「空色の椅子という曲がありまして、
  空色と言っても人によって考える色って違うと思うんです~
  私自体空が好きで~勿論夜空も好きで、富山ではプラネタリウムのような綺麗な星が見えると
  Hikaruに聞いて~」
H「晴れてたらね!笑」
___________________________________________

7.むすんでひらく
8.misterioso
9.One Light
10.in every nothing
11.闇の唄
12.believe
___________________________________________

W「アルバムの1曲目の”into the water”を最後に収録して~
  最初の歌を最後に歌うということでね・・・
H「最初にWakanaさんが”ファー!!!”って今のHikaruの100倍位の音で~外から声が聞こえてきて笑
  そししたらWakanaさんが熱気と共に出てきて”おめでとー!!”って出てきて・・・」
H「次に私が普通に歌って~」
W「そこ端折り過ぎでしょ!!笑」
H「次にKeikoさんさが”ヴぁぁぁぁ”って歌って笑」
W・K「www」
H「私には出せない素敵な低音でね・・・笑」
「(アルバムが出来て)お疲れ様でした!じゃなくて”おめでとー!”だったよね」
H「その日の収録曲に合わせた服を朝クローゼットの中から選ぶんですが、3曲目の
  ”5月の魔法”では白を選びました!愛の歌なので!」
K「全身白だったっけ??」
H「上は水色だったかも笑」
W「(Hikaruは)そういうイメージなんだね・・・っていつも見てる」
K「自分じゃ分からない自分を2人に教えてもらうね・・」
___________________________________________

13.灯影
14.うすいむらさき
15.identify
16.signal
17.音楽
18.heavenly blue
___________________________________________

~バンドメンバー紹介~

K「最初に富山に来たのは2010年のMagia。次は高岡、そしてまた富山に~
  メンバーのHikaruが育った場所というこもあり、空気もよく、水もよく、食事もおいしく~
  日本のおもてなしの心を富山でも感じております。」
H「前回いつかオーバードホールでライブがしたいと言って、こんなに早く叶うとは思わなくて
  しかもチケットは全て皆さんの手元にいったみたいで・・・
  いつも皆さんに夢を叶えてもらってるなと。本当に感謝してます!」
K「生まれ育ったふるさとに、(こういった形で)帰ってこれれるということは本当に素晴らしい
  ことだなと、WakanaとHikaruを見て思います。」
  「今回のアルバムの歌詞の中に”どもまでも、どこまでも”という歌詞があります。
  どもまでもどもまでも皆様の元へ歌声を届けられるよう。またここ富山へ帰ってこられるよう
  最後の曲を歌います。far on the water 」
___________________________________________

19.far on the water
___________________________________________

~アンコール~
___________________________________________

20.ring your bell
21.storia
___________________________________________

W「あっという間に時間が過ぎてしまいました笑 あっ皆さん座って下さい!笑
  オーバードホールのふかふかの椅子に笑
  さっき座ったけど凄い良かったよね!? 腰のあたりがこう!」
K「5階の方は楽しんで頂けましてでしょうか?上の方怖いですよね!?
  さっき立ちすくみましたもん!笑」
K「さて、旅は携え物ということで・・・・」
H「携え物のコーナーを・・・・グッズです!!
  今回その行った地方の方言でグッズ紹介をするということで・・・富山弁で!・・・」
H「なのせ喋っとらんからぁ~」
H「まず、巾着袋なんですけど、なんながですか?」
W「サメです! サメが好きなので! 私も何回も生え替わるサメの歯になりたい!!」
H「だから、サメながやけどぉ~ 何故巾着?」
W「巾着に物を入れるのが凄い好きで! リンゴとか入れたりさ」
H「リンゴ!?リンゴ入れとる人おったらビックリやなぁ~」
H「Keikoさんは靴紐なんですけど・・・」
(Keikoニヤニヤ)
H「私が説明させて頂きます笑」
H「あ”~!!敬語になると富山弁が出ませんわぁ~!」
K「(靴紐は)機械の備品のコードとか結んだりね!笑 
  紐は長いから足の大きな人でも使えます!」
H「紐の先端に”Kalafina”って書いてあるからね!もしかしたら周りの人に、『それなんて読むの?』
  と聞かれるかもしれません!”Kalafina”って言うんんだよ!ちゃっす★!」
H「全然富山弁出ん!!!」
H「私はウォールポケットです!上から入れるやつは、ほこりが入るのが嫌でそれをなんとか改善したくて
  横入れにしたんやけどぉ~CDも入るしポストカードもぉ~”出んわぁ~富山弁!!!”」
H「チラ見でもガン見でもいいので(物販コーナーを)見ていって下さい!」
H「富山弁って難しかったんですね!!!ひかるが不勉強だったみたい・・  富山弁難しい~!」
K「Hikaruが東京に来た時に、一生懸命標準語で話そうとしてるのが懐かしいと思いました笑」
K「こうやってお客さんを眺めて、ひーちゃんはこういう所で育ったんだなぁ~と感じます。
  最後の曲はHikaruがKalafinaとしてデビューした曲を選びました!
  富山から始まったHikaruの最初の曲を聞いてもらいたいと思います!sprinter 」
___________________________________________

22.sprinter

パチパチパチパチパチパチ(拍手)

H「富山に生まれて・・何度も夢を諦めかけたけど・・富山に生まれて良かったです!!」

パチパチパチパチパチパチ

H「また来るからね~!!」

~終~
___________________________________________

いや~最高でした。
約二年半ぶりくらいにKalafina見て思ったがは、
知らん間にライブパフォーマンスが進化しとるΣ(゚Д゚) ということやったね。
特になんやあのmonochromeダンスw 笑ってしまったわw
新曲に何かしらの振付が施されとったよね。
昔はほとんど立って歌っとっただけやったと思うがやけど・・・?
彼女達のライブがここまで進化しとったことに、久し振りにライブに参加したものとしては
一番の驚きでした。

後は本人も言っとったけど、チケットが完売したこと!w
まさか5階まで席が埋まるとは、俺もなーん思ってなかったわw
北日本新聞に”チケットは完売しました”って書いてあったもんね。
新幹線開業のおかげながか、ファンが増えたんかはよく分からんがやけど
おそらく両方でしょうw

前回くらいまでは、本当にまた富山に来てくれんがんか・・・?
とか思っとったけど、さすがに3回目のライブで”また来ます!”とか言われると
”おう!次いつ来るんやろな?”と妙な自信が富山県民としても湧いてきますw
オーバードホールを満員に出来る歌手ながやから自信をもっていつでも来られ!と。

富山に生まれて、夢を叶えて、歌手になりオーバードホールを満員にして夢を叶えて
もう全ての夢を叶えたんか、まだまだ大きな夢があるがんかは知らんがやけど
これからも頑張ってください。
___________________________________________

えっ!?富山弁?



          ____
        /_ノ '' ⌒\  <な~~~ん!難しくないよ!!
      / ( ● ) (● )\
     /:::::::⌒,  ゝ ⌒::::: \  
     |     `ー=-'     |  
     \            /
 ⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
   \ ヽ  /       ヽ    /
    \_,,ノ        |、_ノ